~~~村民の声・44~~~

村長の苦労は大変だと思うよ。
こんな時だもの。誰がやってもこの状況は変わらないと思うよ。
俺は思うんだけど、村長が2人ぐらい必要なんじゃないかな。
そのぐらい大変なときだっていう事。   

   50代 男性

~~~村民の声・45~~~

仮設での団結が強まる事は良い事なんだけど、

それと反比例して元々の行政区の絆が薄れていると感じる。

同じ行政区でも仮設が違えば、住む環境が変わってくる。そうすると住む環境が違ってくると人の気持ちも変わってしまう。だから同じ行政区の人との会話が減る。これはどうしていけばよいんだろうか。とても俺は悲しい事だと思うんだよね~。     70代 男性

~~~村民の声・46~~~

そもそも避難するときに自分たちが生活するうえで今の生活する場所を選んだので、これからまた別の所って事が考えられないわ。

ここに馴れたんだからここに復興住宅を建ててほしいっていうのが切実な願いかな。小コミュニティーでいいじゃない。

早くそれぞれの所に復興住宅かここの近くに建てられるだけの補償をしてくれないかな。       50代  女性

~~~村民の声・47~~~

飯舘の風は気持ちが良かった~。

良い風があれから悪い風になってしまった。。

なんでもいい所が今はなんでも毒に汚染されてしまった。

憎らしい。。     

       70代  男性

~~~村民の声・48~~~

避難している市町村にはとても感謝している。
ほんとに感謝の気持ちでいっぱいだよ。
まるで自分のことのように支援してくれて、本気で心配してくれる。こんな有難い事ないよ。
              
        70代 女性

~~~村民の声・49~~~

早急に復興住宅を建ててほしい。
このまま家族がバラバラなんて嫌だよね。。
早く家族がまた一つになりたい。

             50代 女性

~~~村民の声・50~~~

今の行政は私たちをほったらかし、むしろ、置いてきぼりに
されている。いつからか国のほうばかりを向いて、
こちらのほうを向くのをやめた。。
早く先を見せてほしい。
除染が先ではない。
まったく。。

             70代 男性

~~~村民の声・51~~~

せめて、
せめてね。
孫や曾孫が安心して暮らしている姿を
見届けてから
亡くなりたいものだなぁ~。

        80代 女性

~~~村民の声・52~~~

今までだって何とかなってきたじゃない。
だから今回も何とかなるでしょ。
どんな暮らししてても「ケセラセラ」だって歌にもあるじゃない。なるようになるさって。不満を言えばきりがないじゃない。
今、こうして暮らしていれば、良いじゃない。
なんとかなるさ。
       50代 女性

~~~村民の声・53~~~

もう・・・限界だぁ・・・。
何もかも、何もかも。
早く何とかしてほしい。
何とかしてほしいよ。。

     70代 女性

~~~村民の声・54~~~

ついこの前までは帰りたいって、やっぱり飯舘村に自分たちが住んでたところに帰りたいって。。そう思っていたんだけど、家族別々に暮らしたくないな。。家を買わないといけないな。。復興住宅っていっても、また、狭いコミュニティーの中生活するのはもう嫌だから、、それに、息子の仕事の近い所に家を建ててやりたいな。でも、建てられるだけの補償は貰ってないし、、頭金にもならないし、、、どうしたらいいんだろうか。。。
                          70代 男性

~~~村民の声・55~~~

自分の生きてきた

知恵や飯舘村での暮らしを

若い人に伝えていく事、伝承していく事が我々世代のやる事なんだべなぁ~。

 

       70代 女性