~~~村民の声・14~~~

今日は風が強かったものの、穏やかな日の日差しもあり、午前中は外にいてもそれほど、寒くなく、プランターにお花を植え始める方、春になり少しずつ仮の畑の準備をする方もいて、行動的なご様子でした。そして、チューリップや水仙も芽が出たり蕾が膨らんだりと春の到来を実感する日でした。

 

そんな中、お話をお聞きした方が、水仙の蕾を見ながら、「また、春が来たね。今年は、蕾でもいいから、私たちの復興も先が見えるといいね~。」とぽつり。

今年こそは!との期待もあり、みんなで、1歩1歩大切に歩んでいきたいな~と思いました。様々な思いがこもった一言でした。

~~~村民の声・15~~~

「農作業して身体動かしていれば、気が紛れる。疲れれば夜寝れるしなー。」仮設にも春がやってきました。一服しながら無理せず土を耕かしながら春を味わっていました。