~~~村民の声・5~~~

70代女性の声


やっぱり、自分の家は良い。ホントに・・・。


だから、ただ、た~だ、帰りたい気持ちなんだ・・・。


でも、せめてもう1度で良いから孫と生活しっちぇ~な~(生活がしたい)。



だけれど、飯舘では無理だから・・・。それは、わかっているけど・・・。


町で暮らすのも嫌なんだけど・・・だから、帰村になったら飯舘で暮らす


しかないんだべな~。いつになる事やら・・・。一人で暮らすしかないいだべな、これ。


原発事故が無ければ、家族は一緒に暮らしていたのに・・・・。引き離されてしまった孫との生活。


それが、生きがいだった方は少なくないはず・・・。


悔しい想いが溢れました・・・。

~~~村民の声・6~~~

60代男性の声


最近ニュースでやっとずさんな除染を取り上げるようになったけど、


あんな除染は最初のモデル事業でも平気でやっていたことだよ!


それで、なんで今頃?!おかしいべ~。あんな除染、ただ、ゼネコンが


お金ぶんどって、下働きは健康管理もされね~んでないのがな。


そんで、効果のない除染を形だけで終わらせて、線量なんか下がんな


いのに、帰らせられて、村民の健康も守れない行政はおかしいよ!全く


いっそのこと立ち入り禁止にしてくれればいいんだ。中途半端だから、


帰りたい、とか泊まっていたりとかするんだから!


ま~帰りたい老人には帰らせて、それ以外の人にはそれなりの補償を


する事だべな。早急に!


国のやり方・今問題のずさんな除染疑問点が多い。それに伴う、怒りや疲れや先の不安は日に日に強まっている。顔がつかれていた。それでも、諦めず、自分のできる限りの事を必死になって行っている。