~はじめに~

2011年3月11日PM2:46東日本大震災発生、その後原発事故。飯舘村に高濃度の放射線量が降った。そして同年4月23日「計画的避難区域」に指定された。そして、2012年に避難区域3区域に編成された。区域別けの基準は次の基準で決められた。地上から高さ1メートルの年間放射線量が20ミリシーベルト未満を「解除準備区域」、20~50ミリシーベルト程度を「居住制限区域」、50ミリシーベルト以上を「長期帰還困難区域」とした。除染が進まずまだまだ、先の見えない避難生活を送っている。世間は脱原発や政権交代などどんどん被害者は置き去りに去れていく。風化が急速に始まっている。そこで、村民の小さな声をここで発信したいと思った。まだまだ、ど素人のわたしですが、少しでも多くの「声」を発信できればと思っております。決して、私たちは元気な事だけの毎日ではないし、でもそれでも必死に日々の生活を送っております。どうか、温かい目でご覧になってください。そして、忘れないでいただきたい。「飯舘村」を。1歩みんなが踏み出せるその時まで。ただ、ただ、それだけでいい。そう想います。